ニューボーンフォト

ニューボーンフォトはかわいそう?

ニューボーンフォトはかわいそう?

「ニューボーンフォト」というジャンルの撮影がかなり浸透してきました。
海外から広まったニューボーンフォト、日本でもたくさんのカメラマンさんが撮影できるようになり、人気の撮影となりました。

しかし、検索エンジンで上位に来るキーワードが
「ニューボーンフォト 怖い」
「ニューボーンフォト かわいそう」

というネガティブな内容です。
そのような意見が出るのはなぜか?考えてみました。


①無理なポーズをしているのでは?

こわい、かわいそうの一番の理由はこれだと思います。
ニューボーンフォトといえば、

・おくるみにぐるっと巻かれていてぐっすり眠っている赤ちゃん
・頬杖をついているポーズ
・ミノムシのようにぐるぐる巻いていて座っているように見えるポーズ

この撮影はとても人気のポーズとなります。

しかし、上記のポーズは慣れない人が見よう見まねで実践すると大変危険です。
おくるみを巻くのも、単純にぐるぐると巻いてしまっては、赤ちゃんがきつく感じ暑くなりますし、手足の関節が柔らかいため変な方向に向いていると脱臼を起こしてしまいます。

頬杖のポーズ、ミノムシのようなポーズ「ポテトサック」のポーズは合成が基本。
頬杖は、首が座っていない新生児の赤ちゃんは絶対にできないポーズです。
頭を大人数人で支えて、手を消すという作業があります。
撮影後に丁寧に合成・レタッチをしていただくので、納期に時間をかけます。しかし、とても完成度の高い素敵なニューボーンフォトを納品いただけるはずです。

つまり、ニューボーンフォトは新生児の体や特徴を熟知し、赤ちゃんの無理のないポージングなどを勉強・実践している人ができる撮影です。

最近では流行のため見よう見まねで実践しているカメラマンも多くいると聞くことから、上記のような撮影を希望される方は、カメラマンが赤ちゃんについての知識や撮影技術について専門の方にしっかりと学んでいるかを確認するようにしてみてくださいね。


②無理やり寝かせているのでは?

ニューボーンフォト撮影の赤ちゃんは、基本的にぐっすり眠っていますよね。
これも、赤ちゃんのリズムに考慮せず、無理やり寝かせているのではないかと思うはず。

ニューボーンフォトは撮影直前に授乳をお願いしています。これはどのカメラマンもそのようにお願いしているかと思います。

理由は、スムーズに撮影ができるから。
お腹がすいていてはグズグズしており、泣いてしまってなかなか撮影することができず、結果撮影時間が長くなりママやご家族の負担になってしまいます。
可能な限り、授乳を済ませた状態で撮影に挑むようにお願いいたします。

しかし、無理やり寝かせているかというのは、違います。
授乳が終わった後は気持ちよくなってスヤスヤと寝てくれることが多いです。その睡眠を促すように、おくるみを巻いて落ち着かせたり、ぐっすりと寝てくれる環境を整えます。

寝てくれなくても、そのまま撮影する方もいれば、寝るまで待つカメラマンもいますので、心配なことがあればカメラマンにしっかり聞くようにしましょう。必ず答えてくれますし、ご家族のご要望に合わせていただけるはずです^^


Houhouのニューボーンフォトは?

では、以上の不安が多い中で私の撮影スタイルをご紹介します。
実際に撮影した写真を参考にしてくださいね♫

「シンプル」「ナチュラル」が基本

ニューボーンフォト男の子埼玉


今流行のニューボーンフォトとは違い、「ありのままの姿」をメインにするため、バスケットや小さなベッドに乗せたり頬杖をついたポーズは行いません。
おくるみ巻きは、ご希望であれば行っておりますが必須ではありません。

カメラマン1人で撮影するため、カメラを向けている最中に体勢が崩れた際すぐ対応できる保証がないと判断し、1人で安全に撮影できるスタイルをとっております。


【赤ちゃんの生命力をイメージし、光に包まれた写真】
何も装飾しないありのままの姿は、このような思いがあるからです。


また、撮影前には赤ちゃんが心地よい環境を整えるために室内温度の調整を事前にお願いし、赤ちゃんがリラックスできるCカーブの背中ができる土台に乗せて撮影します。
赤ちゃんの生まれた体重や体格によって様々。その子に合わせて適宜環境を整えていきます。

お母さんのまるい子宮の中では、赤ちゃんの背骨はC型。手足を曲げて両手がなめられる姿勢をしています。これが通称“Cカーブ”です。

赤ちゃんのまるまるねんね


寝てても起きていても可愛いから撮ります

ニューボーンフォト男の子横浜

授乳は直前にお済ませいただきますが、赤ちゃんの特徴であまり寝ない子もいます。
その場合は無理やり寝かしません。赤ちゃんのリズムを大切にします。
起きていても、Cカーブができる土台でリラックスしていることが多いため、リラックスしていて可愛い表情を撮っています。

どうしても泣いてしまう子もおられます。その場合はママに抱っこしてもらったりして撮影する順番を変えることもしています。

家族写真がメイン

ニューボーンフォト家族写真東京

Houhouは家族を大切にしたいという思いで、家族写真は必ずお撮りしています。
平日でママだけでの場合はママとのツーショット、ご兄弟がいる場合は可能な限り兄弟ショットもお撮りしています。

赤ちゃんがいるのも、ママやパパ、ご兄弟がいてこそ。
家族写真はオプションではなく料金に含まれます。

私が双子のママであることから、双子や三つ子の追加料金もいただいておりません。
ご家族で家族写真を楽しんでいただければ幸いです^^

新生児のこと、産後のママのことを常に勉強

ニューボーンフォトパーツフォト東京

私は双子を出産しているので赤ちゃんの扱いや産後ママの体調については承知しているつもりですが、ニューボーンフォト撮影を行なっている講師に新生児の体について、産後の体調についてをしっかりと学びました。

また、定期的に助産師さんによる新生児講習、産褥期についての講習について勉強をしています。
この情報は、育児の常識と同じで常に更新していくものだと思います。
定期的に私の常識を更新していくことで、これから出産する予定のママとの情報の差異がないように勤めています。



たくさんのカメラマンがいる中で、「自然な写真」を求めてHouhouを選んでいただける方がほとんど。ほんとうにありがたいことです!

シンプルな撮影であることから、どのようなスタイルのお部屋に飾っても合います。
フォトパネルやアルバムも展開していますので、お気軽にお問い合わせください。

ニューボーンフォトがご家族にとって最高の思い出になるよう、お手伝いさせていただきます。

ご依頼・ご相談ははLINEやInstagramからも受付中。お問い合わせフォームはこちらから

友だち追加